ノルバスクはアムロジピンという成分を含んでいます。高血圧症や狭心症の治療に対して多くの方に使われています。効き目がとても良く、副作用も少ないので高血圧症治療の救世主とも言われています。ノルバスクについてもっと詳しくなりませんか?

診ている男性の医者
公開履歴
たくさんの薬

高血圧症を指摘されている現代人は、少なくありません。
ストレスのたまりがちな社会で暮らし、塩分過多の食生活にどっぷりと浸かっていますと、血圧の数値が高くなってくることは避けられないことでしょう。
ただ、高血圧症が一定の基準を超えると、心筋梗塞や脳梗塞など、恐るべき事態に陥りかねません。
もし健康診断で高血圧症と指摘されたら、できるだけ早く治療を受けるのが得策です。
昨今では、優れた効能を発揮するノルバスクという治療薬が普及してきて、症状の改善に大きく活躍しています。

ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に分類されています。
特筆すべき特徴としては、効き目が良好で、それでいて副作用がほとんどなく、安全性が高いという点が、一番にあげられます。
ですから、臨床の場面では、高血圧症治療の際には、第一に選択されています。
ノルバスクを服用しても、血糖や尿酸、脂質などには影響を及ぼしません。
また、年齢にかかわらず、広く使用することが可能です。
とりわけ、合併症の多い高年齢の人にも、安心して処方できるところから、医療関係者の間では評価が高いです。
さらに、緩やかに効果を発揮し始め、半減期が長いというのも、ノルバスクの目立った特徴です。
1日に1回の服用で事足りますので、飲む立場の患者にとっても管理が大変楽です。
ノルバスクで高血圧の合併症までも防ぐことが出来るので、多くの方に使われています。
ノルバスクが効能を発揮するメカニズムは、心臓や体の血管を拡張して血流を良くし、血液の抵抗が減って血圧を下げる、というものです。

また、心臓が収縮するのを抑え、心臓を休息させる作用も行います。
このようなメリットがありますので、高血圧症だけでなく、狭心症の治療でも積極的に使用されています。
ただ、ノルバスクを服用するにあたって、注意すべき点もあります。
ノルバスクはカルシウム拮抗薬ですので、グレープフルーツとの同時服用は禁物です。
薬の効果が増加し、にわかに血圧が低下する恐れがあるからです。