ノルバスクはアムロジピンという成分を含んでいます。高血圧症や狭心症の治療に対して多くの方に使われています。効き目がとても良く、副作用も少ないので高血圧症治療の救世主とも言われています。ノルバスクについてもっと詳しくなりませんか?

診ている男性の医者
  • ホーム
  • ノルバスクの服用と過剰のランニングは狭心症の恐れも

ノルバスクの服用と過剰のランニングは狭心症の恐れも

患者を診ている医者

ノルバスクは高血圧症治療に広く用いられている薬剤です。
ノルバスクの有効成分であるアムロジピンはカルシウムブロッカーと呼ばれる種類に属する薬です。
このアムロジピンは血管平滑筋に存在するカルシウムチャネルの働きを阻害します。
これによって血管平滑筋は収縮することができなくなり、弛緩します。
そうすると血管内径が大きくなり、血管にかかる圧力は小さくなります。
こうすることで高血圧症患者の血圧を低下させるのです。

ところでランニングをしたり運動をすると息苦しくなったり、胸が痛くなったりする方がいらっしゃいます。
これは狭心症のサインかもしれません。
狭心症とは代表的心臓疾患の1つです。
心臓の筋肉に血液を供給する冠状動脈という血管の内腔が何らかの原因で狭くなり、血流が滞ってしまう状態をいいます。
狭心症の場合、ランニングなどの運動すると血液による酸素供給が不足してしまい、息苦しさや胸の痛みを感じることがあるのです。
これを労作性狭心症といいます。
狭心症は悪化してしまうと冠状動脈が完全に閉塞してしまい、心筋梗塞となって、これは致死的なものとなってしまいます。
よって早期の治療が必要となります。

実はノルバスクはこのような狭心症に対しても効果を示す薬剤です。
前述の通り、ノルバスクは血管を拡張させますが、冠状動脈に関しても同様に血管を拡張させます。
これによって狭窄部の血管内腔も広がるため、血流が改善するのです。

まずランニング等の運動で息苦しさや胸の痛みを感じた場合には病院で検査を受けてみましょう。
心電図の検査で、労作性狭心症の場合にはST波と呼ばれる部分が下降する特徴的な所見が観察できます。
そこで労作性狭心症と診断された場合にはノルバスクは有効な薬剤となります。

サイト内検索
人気記事一覧